Wednesday, May 24, 2017

シンポジウム 「アーカイヴ」再考—表現者たちにとっての保存と展示

6月4日(日)早稲田大学で開催される第51回アメリカ学会年次大会において、シンポジウム「アーカイヴ再考—表現者たちにとっての保存と展示」に討論者として参加します。聴講ご希望の方は登録が必要とのこと。詳しくは下記URLをご覧下さい。

【部会 A 「アーカイヴ」再考:表現者たちにとっての保存と展示】  
司会:波戸岡景太(明治大学)
報告:石原剛(早稲田大学)「マーク・トウェイン研究とアーカイヴ」  
   落合明子(同志社大学)「『アフリカ系というレンズ越しに』アメリカをみる:
   NMAAHC 設立の意義と課題」 
   和田光弘(名古屋大学)「史料論とアーカイヴ」
討論:倉石信乃(明治大学)
http://www.jaas.gr.jp/meeting.html

Tuesday, May 23, 2017

書評 『挑発する写真史』

金村修・タカザワケンジ著『挑発する写真史』の書評を書きました。

「書評 金村修・タカザワケンジ『挑発する写真史』」、『図書新聞』第3304号、2017年5月27日号。

Thursday, May 18, 2017

風に吹かれて・・・2017 "テントは世界を包む"

治大学教養デザイン研究科主催のイベントに参加します。明治大学和泉キャンパス内に風変わりなアジールが出現する一週間のうち、「写真の日」の6月1日(木)に「中平卓馬と沖縄」というテーマでお話しします。翌2日には新城郁夫さんによる阿波根昌鴻についての講演も。さらには、岸幸太さんの伊江島に取材した新作写真の展示など、盛りだくさんの一週間です。ぜひ遊びに来て下さい!

http://www.meiji.ac.jp/humanity/special_themes/speciallecture2017.html
http://www.meiji.ac.jp/humanity/special_themes/6t5h7p00000o5126-att/6t5h7p00000o5152.pdf

Tuesday, April 25, 2017

浜昇写真展関連シンポジウムに寄せて


4月23日(日)、沖縄県立美術館で開催されたシンポジウムに寄せる短文を『沖縄タイムス』に寄稿しました。

「浜昇写真展シンポに寄せて」『沖縄タイムス』2017年4月20日。


4月23日(日)まで同館県民ギャラリーと沖縄市のギャラリーラファイエットで浜昇写真展「沖縄という名」が開催され、関連シンポジウムと併せて見に出かけました。45年に及ぶ沖縄・奄美の島々への取材による、同名の写真集刊行を記念した企画で、素晴らしいものでした。


Thursday, April 20, 2017

島嶼性と写真記録

3月末に刊行された大学の紀要に論文が掲載されました。

「島嶼性と写真記録」、『明治大学人文科学研究所紀要』第80冊、2017年3月、71-107頁。
【"Island-ness and the Photographic Record"(Abstract),  Memoirs of The Institute of Humanities, Meiji University, Volume 80(March 2017), 71-72.

Thursday, April 6, 2017

ホンマタカシ『ニュードキュメンタリー映画』

昨年末に東京で始まり、今年から全国に展開しているホンマタカシ監督の映画作品の上映に関し、パンフレットが制作されました。2004年の『きわめてよいふうけい』について、文章を寄稿しました。

「いまが永遠になること—『きわめてよいふうけい』の時間」、松下加奈・小川知子編『ホンマタカシ ニュードキュメンタリー映画』between the books、2017年。



Sunday, March 12, 2017

露口啓二『自然史』

北海道在住の写真家・露口啓二さんの写真集に寄稿しました。4月下旬には全国書店・アマゾンなどで購入可能となるとのことです。

「自然の表現—露口啓二『自然史』」、露口啓二『自然史』赤々舎、2017年、n.p.
【英訳:"Nature Articulated: Kenji Tsuyuguchi's Nature History," Kenji Tsuyuguchi,  Nature History(Kyoto: Akaaka Art Publishing, 2017), n.d.】

http://kai-hokkaido.com/2017-03-10-shizenshi/