Sunday, March 12, 2017

露口啓二『自然史』

北海道在住の写真家・露口啓二さんの写真集に寄稿しました。4月上旬から全国書店・アマゾンなどで購入可能となるとのことです。

「自然の表現—露口啓二『自然史』」、露口啓二『自然史』赤々舎、2017年、n.p.
【英訳:"Nature Articulated: Kenji Tsuyuguchi's Nature History," Kenji Tsuyuguchi,  Nature History(Kyoto: Akaaka Art Publishing, 2017), n.d.】

http://kai-hokkaido.com/2017-03-10-shizenshi/

Tuesday, March 7, 2017

シンポジウム カタストロフィと詩—吉増剛造の「仕事」から出発して

今週末の3月11日(土)に成蹊大学で行われるシンポジウム「カタストロフィと詩—吉増剛造の「仕事」から出発して」に登壇します。ぜひご参加下さい!
http://www.seikei.ac.jp/university/caps/japanese/06event_information/index.html


Friday, February 17, 2017

書籍『写真分離派II 写真の非倫理』


秋山伸さんのユニークな出版社エディション・ノルト(南魚沼市)から書籍『写真分離派II 写真の非倫理』が出版されました。通常版のほか特別版もあります。対談、鼎談、解説等に関わりました。

「写真分離派展「日本」」、松江泰治・鷹野隆大・倉石信乃・清水穣『写真分離派II 写真の非倫理』エディション・ノルト、2017年、45頁。

「連続講座「写真分離派の夕べ」第5回:対談 清水穣×倉石信乃」、同書、102〜127頁。

「荒木経惟インタヴュー」(聞き手/倉石信乃・鷹野隆大)、同書、177〜206頁。

「徴候的ということ—春日昌昭の写真について」、同書、-19〜-18頁。



Thursday, February 16, 2017

2016年度フォト・プレミオ受賞作品集

先頃活動を終了したコニカミノルタプラザですが、同社主催のフォト・プレミオ最後の受賞作品集が刊行されています。同書に寄稿しました。

「不透明について」、コニカミノルタ フォト・プレミオ実行委員会編『2016年度フォト・プレミオ受賞作品集』コニカミノルタ フォト・プレミオ事務局、2017年、39頁。
https://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2017january/premio_2016.html

Saturday, February 11, 2017

写真分離派展@NADiff

昨日から3月26日(日)まで、東京・恵比寿のNADiffで開催中の「写真分離派 写真の非倫理 距離と視角」展に、鷹野隆大さんと松江泰治さんの作品とともに、短い映像「写真の位置、メモ」(須山悠里との共作)を展示しています。これまでの活動をまとめた書物『写真分離派II 写真の非倫理』の出版に併せた展観で、明日18時より、この本に収録されている鼎談にゲストととしてご参加いただいた須田一政さん、鷹野隆大さんとのトークセッションがあります。本展は恵比寿映像祭の地域連携プログラム参加企画です。ぜひお立ち寄り下さい。
http://www.nadiff.com/?p=4971

Sunday, January 22, 2017

いま 肖像を撮るということ

田代一倫さんとの対談 の採録が、neoneo webに掲載されました。個人的には、ポートレート写真について考えるいい機会になりました。

「【特別企画】対談「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13 」より 田代一倫×倉石信乃—いま 肖像を撮るということ」
http://webneo.org/archives/41493





Tuesday, January 17, 2017

東京・TOKYO 日本の新進作家Vol.13 対談レポート

昨年暮れに行なった田代一倫さんとの対談レポートが『週刊読書人』に載りました。

週刊読書人編集部「「東京・TOKYO 日本の新進作家Vol.13」(東京都写真美術館)田代一倫×倉石信乃対談レボート」『週刊読書人』第3172号、2017年1月13日、7頁。

近々、別により包括的な対談採録も出る予定です。